story
岡田直人, 竹俣勇壱 二人展

 

 

 

 

岡田直人、竹俣勇壱の二人展を開催いたします。

 

控えめでありながら飽くことのない表情。

削ぎ落とされた造形と、あわいを感じさせる肌理が重なります。

頼もしい道具でありながら、繊細な佇まいを諦めない手仕事。

心地よい均衡を保つ、お二人の仕事をご覧いただければ幸いです。

 

会期: 9月27日(水)〜10月9日(月)

*会期中無休

*初日作家在廊

営業時間: 12~19

展覧会|2017年9月8日 12:00
conté

 

 

 

自らフランスへ赴き、ヴィンテージスカーフの収集をされているunivers Y(ユニヴェールイグ)。シルク素材にこだわり、ブランドネームにとらわれず、自身の感覚を大切にして買い付けをされた、美しい絵柄のスカーフ群。

 

期間中はunivers Yの山岡さんが在店されます。スカーフへの情熱があふれる魅力的な方です。いろいろとお話もしていただきながら、心に響く1枚をお選びください。皆さまのお越しをお待ちしております。

 

会期: 9月1日(金)〜3日(日)
営業時間: 12〜19
univers Y 山岡氏 全日在店

展覧会|2017年8月16日 11:00
SATOMI KAWAKITA JEWELRY -Made to Order Trunk Show-

 

 

 

 

自然の形、テクスチャからインスピレーションを受け、天然の宝石や鉱物の神秘性に無限の可能性と美しさを見出し、ジュエリーに落とし込む。
有機的で繊細なフォルムとニュアンス。それらを身につけることで、独自のスタイルが生まれ、心地よさとよろこびを感じていただけることでしょう。

 

3回目の開催となるSATOMI KAWAKITA JEWELRYの受注会。期間中は、約400種類のリングはもちろん、ピアス、ネックレスなど、コレクションの殆どをご覧いただけます。この機会にぜひお越しください。

 

会期: 7月5日(水)〜7月23日(日)
*会期中無休
営業時間: 12:00〜19:00

展覧会|2017年6月22日 12:00
riverbero

 

riverbero

 

 

山眠り、静けさを纏った品位、ハリのある透明感。

冬に浮かびあがる植物の魅力。

掌にある植物を通して遠景にあぶり出される自然、その欠片に触れていただける機会となるように願います。

 

アトリエ K fleursの植物、そこから生み出された造形物。

それらに呼応するよう、RICORDOからは花器をご用意いたします。

 

動植物の活動が潜み、通奏低音のように響く時季。植物をコンパスに人と季節の移ろいに思いを馳せる。

その気配、応答に耳を澄ますような風景を映しだせればと思います。
皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

会期: 2016年12月1日(木)から13日(火)まで | 会期中7日(水) 休み

営業時間: 12〜19

在廊日: 1, 3, 4, 10, 11, 13

 

“riverbero”は残響、反射、木霊などを意味するイタリア語。

静かながら野の香りを孕んだ植物、水耕栽培にお使いいただけるガラス器、古橋治人さんの花入れなどをご用意します。

 

その時々における自然のものが、まず、あり、それに寄り添う。植物を扱うことに、予め明確な完成品を示すことはできません。

K fleursさんは言葉を大切にされている印象があり、言葉を重ねながら企画を進めていくなかで、せめて、あいまいな輪郭を素描できればと、文を書くことになりました。私信のようなつもりでしたけれど、ぜひ公開を、と推していただきました。

 

 

12月には、あとがきを読んでいる気持ちになる。

静けさを振り払うような慌ただしさと喧噪のなか、ふと、さみしさが背中に手を差し入れてきてひやりとする。

その根っこがどこにあるのかは知覚できないし、すぐに消える痺れみたいなものだ。

それでかまわないし、その感触に慰められもする。

 

12月には、まえがきが綴られはじめている。
種子、身体の奥、森深く、水湧く土のなか。今ここを支え、かたちづくる肝心なことは目に見えない。

はじまりの洞穴へは還れない。できるのは、芯から漂う香りや気配に耳を澄ますこと。

 

球根の内側には、折りたたまれた花が既に眠っているそうだ。

花のまえがきは未読のまま、終ぞ既読となることはない。

せめて、その予兆のかたちと重さ、手触りを心にとどめよう。いつかは世界からいなくなる、ひとりのなかにしまわれたまま、

消えてしまう記憶として。

 

冬にして花を想う。

 

 

展覧会|2016年11月17日 12:00
MADE TO ORDER TRUNK SHOW by Satomi Kawakita Jewelry

 

 

DM_SKJ16

 

 

昨年、大変ご好評のうちに終えました Satomi Kawakita Jewelry Order Fiar 作品受注会を、今年も RICORDO にて開催できる好機に恵まれました。有機的でナチュラルなモチーフ、それでいてジュエリーとしてのクオリティーは高く、既にアメリカでは多くのファンが作品に魅了されています。日本国内でも支持が広がりつつあり、今回も新たな出会いが期待されます。

限られた期間ですが、多くの作品が一堂に会するこの機会をぜひお見逃しなきよう、 皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。 *即売会ではありませんので、作品のお渡しは後日となります。

 

会期: 3月31日(木)から4月12日(火)まで| 水曜日, 第一月曜日は定休日

営業時間: 12:00~19:00| *最終日は18:00閉店

**4月2(土), 3日(日) デザイナー在廊

 

SATOMI KAWAKITA JEWELRY” から生まれてくるジュエリーは、ひとつひとつが放つ繊細な魅力はもちろん、重ねることで生まれる、ボリュームの違った表情もまた楽しく、さらなる魅力にあふれます。少しづつ手元に増やしていくことで、重ねてゆく/ 重ねてきた時間を共に過ごし、確かめるような存在へとなっていきます。

今回も、新作を含むほぼ全作品をご覧いただける貴重な機会です。ぜひ足をお運びください。

展覧会|2016年3月11日 12:00
F&F -Exhibition of botanical accessory-

 

 

F&F

 

 

F&Fは大阪湾を見下ろす城下町岸和田にアトリエを構え、日常使いの装身具としてのアクセサリー・ルームアクセサリーなどを制作しています。

主たる素材は自然の持つ美しさを見出された植物など。それらをクラフトすることで、サスティナブルな生活に寄り添うアクセサリーが生まれてきます。

天然素材に味付けする。そんな料理のようなデザインがコンセプトです。

ぜひ、この機会にF&Fの世界を感じてください。一同皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

会期: 2016年2月11日(木)から23日(火)まで| 会期中無休

営業時間: 12時から19時まで

*20(土) 21(日) 作家在廊

 

植物そのものを扱い、向き合うことで生まれる “F&F” のコレクション。

自然の生み出す繊細な造形や、色香漂うしなやかな輪郭線。ひとの身体も植物も、すべてが等しく異なる、ただひとつのユニークピース。

自然の欠片を少し摘むんで、身につけ、生活に取り込むことで、日々の感触も違ってくることでしょう。

多くの皆さまにご覧いただけることを願っております。

 

展覧会|2016年1月26日 12:00
RUoTATo 01

 

 

RUoTATo 01

 

 

古橋治人作品展

木と土のロクロ仕事

 

回転体の造形を得意とし、素材の特質を最大限に抽出する氏の創作力。 作品は、暮らしのステージをアップグレードする不思議な力を持っています。

RICORDO ではオープン当初より作品のお取り扱いがありましたが、この度、纏まった多くの作品が、更に世界観を広げてくれることでしょう。

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

会期: 2015年12月17日(木)より28日(月)まで| 会期中無休

営業時間: 12時から19時まで

*19(土) 20日(日) 古橋治人氏在店

 

古橋治人氏の作品には、繊細な仕事と品のよさが同居しつつ、おおらかな佇まいがあります。微かな艶やかさも。

展覧会タイトルの “RUoTATo” はイタリア語で「回転された」の意。木と土という素材の違いはあれども、同じ力学から生み出される造形や表情の相似と相違。氏の作品が空間に在ることで、気が軽くなるような息が深くなるような心持ちになるのです。

多くの皆さまにご覧いただけることを願っております。

 

古橋治人

1972年生まれ

一級建築士
建築設計事務所勤務後, 技術訓練校木工科卒業

 

住宅、店舗などの建築設計。

茨城県は筑波山の麓にて木工を中心に陶土器などを使いカトラリーやテーブルウェアなどを制作。古材とスチールを組み合わせた家具の制作。つくば市の店舗 ”manufact jam” ではそういったオリジナルの商品の他、各地から集まった陶磁器のうつわを中心に生活用品を取り扱う。

展覧会|2015年12月3日 12:00
「RECOLLECTION」fresco accessory works

 

 

recollection

 

 

今回発表しますaccessoryは、これまでのプロダクトと異なり、生活空間を飛び出し

各々のパーソナリティを主張するツールとして、楽しんでいただける作品に仕上がりました。

 

テーマにした「recollection」には、記憶、追懐、思い出などの意味があります。

多くの方が、記憶に触れる一品に出会えることを願いながら…

 

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

会期: 6月12日より23日まで

営業時間: 12〜19時(水曜定休)

 

 

この感じはいつかの何かに似ている。そんな瞬間があります。
ガラスのピースは同じようでいて、それぞれにかたちや色が少し違います。そのなかから、自分の感触に添うひとつを選ぶ。それは、河原で石、あるいは砂浜で貝がらを拾った幼いころの行為に近いかもしれません。ひとつを選びだし、それを身近にとどめることが、気持ちにもたらす変化。
グラススタジオfrescoのアクセサリー。あまりイメージをお持ちいただけていないかもしれませんが、お使いの方からはご好評いただいております。
この機会に多くの皆さまにご覧いただけましたら幸いです。

展覧会|2015年6月8日 12:00
SATOMI KAWAKITA JEWELRY -Trunk Show-

 

 

SKJ

 

 

ニューヨークをベースに培ってきた確かな技術。自然の中に見つけられるような形、素材感からインスピレーションを受けた有機的なデザイン。

SATOMI KAWAKITA JEWELRYの最新のアイテムを携えてデザイナーのSATOMI KAWAKITAご自身が来日し、大阪では初のトランクショーを開催します。しかも今回は、ほぼ全てのアイテムがご覧いただける大変貴重な機会でもあります。是非お立ち寄りください!

 

会期: 2015年4月9日(木)から12日(日)まで

営業時間: 12時から19時まで

 

*11日(土) 12日(日)の営業時間内はデザイナーが在展予定です。

**10(金)PM6よりデザイナーを囲んでささやかなレセプションパーティーを開きます。皆さまのお越しをお待ちしています。

展覧会|2015年3月8日 12:00
tmh. at RICORDO

 

 

tmh_RICORDO2015

 

 

ジュエリーブランド「tmh.」の特集を<RICORDO>にて開催いたします。

 

ダイヤモンドの原石結晶を内側に配したリング ” touch raw ” や

新作 ” pointed hole ” などのリングコレクションの他、ネックレスコレクション ‘ NECK PIECE ‘

普段のスタイリングに一つ加えるだけで全体の雰囲気を変えてしまうピンシリーズに新作も加え

tmh.のコレクションを一堂にご覧いただけます。

会期中、是非足をお運びください。

*RICORDO限定 tmh. x tsujino のピンも発売予定!

 

会期: 2015年2月20日(金)から3月1日(日)まで

営業時間: 12時から19時まで

水曜定休

 

*2月20日(金)〜22日(日)の3日間は、デザイナーが在展予定です。

デザイナー在展時にはリングに使用しているダイヤモンド原石結晶をルースからお選び頂ける貴重な機会となります。

また、その際のアポイントもお受けしております。
– アポイントのご連絡先 –
e-mail: info@atelier-tmh.com
tel: 03-3716-6982 (12:00~19:00での受付/月曜休)

URL: www.atelier-tmh.com

fb: www.facebook.com/tmh.atelier

展覧会|2015年2月3日 12:00
aalto coffee/ 1day cafe & コーヒー教室

 

こんにちは。

弊店では2014年12月よりaalto coffeeのコーヒー豆の取扱いがはじまりました。深煎りでありながら飲みくちはすっきりとした「アルヴァーブレンド」をご用意しております。
そしてこの度、aalto coffeeの庄野さんにRICORDOにて1day cafeとコーヒー教室を開催していただけることになりました。

 

1day cafeはコーヒースタンドスタイルでの提供。さらに14gより特別にパンのご用意もございます。

□ 当日の営業時間は13時〜となります。なお、コーヒー教室開催のため、16:15〜17:45頃まで一旦クローズいたします。

 

「aalto coffee コーヒー教室」

ご自宅でのペーパードリップがおいしくなるコーヒーの淹れ方のコツと、コーヒーにまつわるお話をお伝えします。

開催日: 2015年2月1日(日)
時間: 11:30~/ 16:30〜 (1時間程度) [満席]

参加費: 1500円または2000円(パン/ お菓子つき) のどちらかをお選びください。当日決めていただけます。

 

コーヒー教室はご予約いっぱいとなりました。

 

 

 

— 庄野雄治 —
コーヒー焙煎人

1969年徳島県生まれ。大学卒業後、旅行会社に勤務。
2004年に5キロの焙煎機を購入しコーヒーの焙煎を始める。
2006年徳島市内に「アアルトコーヒー」を、2014年同じく徳島市内に「14g」を開店。
著書はコーヒーの絵本 (絵/ 平澤まりこ), はじめてのコーヒー (共著/ 堀内隆志), たぶん彼女は豆を挽く。いずれもミルブックスより出版。
aalto coffee
14g

 

 

おいしいコーヒーを自分で淹れることが出来れば、日常の中に気分よく過ごす時間を設けられます。誰かにおいしいコーヒーを淹れてあげたら心地よい時間を一緒に過ごすこともできるでしょう。

そんなちょっとしたコツを身につけたい方、是非ご参加ください。

event, 展覧会|2015年1月9日 04:00
fresco –New glass products recital ’14–

日が短くなり光がきれいに感じられるようになってきました。

太陽の光恋しく、夜長の屋内での灯りが心地良く。展覧会のお知らせです。

 

 

invitation

 

 

 

新作発表のお知らせ

 

frescoはハンドメイドのグラスウェアブランドとして2005年に発足、来年で10年を迎えます。クラフトプロダクトという考え方の普及を軸足にガラス製品の持つ可能性を探る10年でした。ハンドメイドグラスを生活に滑り込ませ、そのあり方を様々に発展させることが目標だったこれまで。しかしこれからは少し視線を動かし、プレイフルで楽しい遊び心が、これからのプロダクトのスパイスになっています。これからの10年も皆さまから愛され、親しまれるもの作りを目指すという姿勢を崩すことなく精進して参ります。

 

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

尚、作品の数には限りがあります。ご来店当日に商品のお渡しができない場合があります。

その場合はご注文をいただき、制作させていただきます。お渡しは後日ご来店いただくか、宅配便にて発送となります。どうぞご了承ください。

 

会期: 2014年12月6日から16日まで

営業時間: 12時から19時まで

水曜定休

 

 

ガラスは透明。そんなぼんやりとした印象を文字通り色鮮やかに変えてしまうfrescoのグラスウェア。色を纏うことでオールシーズン使い易くなり、ハンドメイドグラスと生活の距離感がぐっと近くなります。これからも、皆さまに親しんでいただけるハンドメイドグラスへのきっかけを提供し続けると共に、既に親しんでいただいている皆さまには、これまでと少し違うアングルからの楽しさを提供していくようなラインナップになりそうです。

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

展覧会|2014年11月28日 12:00
猿山修の仕事

 

季節も進み、朝晩の空気が変わってきましたね。

展覧会のお知らせです。

 

 

works of saruyama osamu

 

 

猿山修の仕事

 

決して奇を衒う創作をせず、古くから親しまれてきた道具たちに習うことから始める。

物が飽和する現代にこそ密度の高い物作りと人の暮らしのあり方をを示す。

そんなデザインをされる猿山修さんの作品を一堂にご覧いただける好機となります。

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

 

会期: 2014年11月8日(土)から18日(火)まで

*14日(金)は猿山修さんが在廊されます。

水曜定休

 

 

テーブルウェアをはじめ、シェードや、灯りを愛でる道具。ひとりでゆったりと過ごす時間、あるいは誰かと過ごす時の空気をほどく助けになるであろうお酒を楽しむのにちょうどよいグラス。また猿山さんによる音楽CDなど、氏の幅広いお仕事の一端に触れていただける機会となります。

展覧会|2014年11月6日 12:00
あたらしい日用品

あまり暑くなりすぎるのも困るなと思いつつ、梅雨明けが待ち遠しくなってまいりました。
そんな、これからの季節を少し健やかに過ごせる助けになりそうな品物をご覧頂ける機会が出来ました。

 

 

nichiyouhin

 

あたらしい日用品

 

RICORDO 立ち上げに大きく貢献していただいた東京吉祥寺の OUTBOUND と Roundabout のオーナー 小林和人さん。
店舗の内装や什器の選択など、空間の基礎を創っていただきました。
そして漸く、氏のセレクトによる日用品たちがここ RICORDO でご覧いただけます。

物が醸す気配を感じていただければ幸いです。

 

会期: 平成26年7月5日(土)12時から 7月18日(金)18時まで
※9日水曜日は休まず営業いたします。

小林氏在廊予定日: 5日(土) 6日(日)

尚、4日(金)は準備のためお休みをいただきます。

 

追記: 会期延長となりました。20日(日)18時まで。

 

普段の RICORDO とは違う振れ幅の品物をご覧いただけるかと思います。
皆様のご来場をお待ちしております。

展覧会|2014年6月29日 12:00
INITIATION

今年の大晦日、元旦は寒さが穏やかだなと思っていましたら、ここにきて寒波到来。温もりが恋しいと同時に、この寒さが伴う少し張りを感じる空気感もいやではないと思っております。
さて、この度RICORDOで初となる企画展示を執り行う運びとなりました。以下ご案内です。

 

 

「記憶」というの名のお店をオープンして初めて迎える新春。そして初めての 企画展示。その新しさを記憶にとどめるに相応しい好機に恵まれました。
2 日間という限られた時間ではありますが、この度、華道家の片桐功敦さんに RICORDO の空間にお花を生けていただきます。

 

叙情的で、斬新な生け花のなかに漂う懐かしさのような空気。そんな景色に
出会える室礼になるのではないでしょうか。どうぞご期待ください。

 

なお、期間中は「mini bottles」と銘打ち、一輪挿しとなる小さなガラスの ビンの展示販売も行います。

 

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

辻野 剛

 

会期 平成 26 年1月 18 日(土)と 1 月 19 日(日)時間は正午より 19 時まで。

 

19 日は 13 時より片桐功敦さんによる生け花のライブパフォーマンスを行う 予定です。尚、スペースは非常に限られていますので、入場には制限を設けています。先着順となりますのでお早めにお越し下さい。

 

 

片桐功敦
華道家, 文筆家, 主水書房 主宰

花道みささぎ流の三代目家元であり、写真家、美術家をはじめとした多様な分野の方々とのお仕事もされています。

刊行物 「見送り/言葉」「シゼンノカケラ

 

 

 

記憶という名前を冠する当店の最初の企画に、生け花というひと時の空間を供することができますことを嬉しく思っております。
寒さは続くようではありますが、皆様に足をお運びいただけましたら幸いです。

展覧会|2014年1月11日 02:23
↑